「度数ってな~んだ?」楽しい音楽理論講座

音楽理論「度数(インターバル)」について説明したいなと思います。

度数(インターバル)とは?

ある基準の音から、他の音までの距離をあらわしたものです!

音の距離のあらわし方「●●度」

例えば、家だと、私の家から鈴木君の家までは「3軒となり」、私の家から田中さんの家は「5軒となり」とかって「●●軒となり」と表します。

これを、音楽だと、

ルート(基準の音)から半音2つ分先は「短2度」、基準の音から半音4つ分先は「長3度」というように「●●度」とあらわします。

そして、そのあらわし方「●●度」の名前が

距離が短い方から順番に、

短2度(半音)・長2度(全音)・短3度・長3度・完全4度・増4度または減5度・完全5度・増5度または短6度・長6度・短7度・長7度 となっています。

家だと、1軒となり・2軒となり・3軒となり・4軒となり・・と、順番に数字が増えていくだけで簡単ですが、

音楽の方は、短と長があったり、完全、増減があったり、同じ数字が出てきたりと、ちょっとややこしいです..。

ややこしくて難しいですが、がんばって覚えましょう!

度数の覚え方 キャラクターと関連付けると覚えやすい♪

で、その覚え方ですが、実はその「●●度」によって、音の響き・キャラクターがそれぞれ違うのです!!

3軒となりの鈴木くんはお調子者で、5軒となりの田中さんはおしとやか、、みたいな感じで、(笑)

長3度は明るくて、増4度または減5度は不安な感じ等、それぞれキャラクターが違います。

なので、「●●度」の名前と、そのキャラクターを関連付けて一緒に覚えると、覚えやすいです。

↓こちらの動画で、実際に音を鳴らしながら説明していますので、ぜひぜひそちらをご覧ください♪